ツゲインで発毛を実感!その効果の理由とは?

薬を飲む男性

AGAで薄毛の悩みがあるならツゲインを使うことで発毛を実感することが出来ます。ツゲインは発毛を促進させる薬で、有効成分はミノキシジルですが、ミノキシジルが配合された外用薬の中でも人気があります。また成分含有量が異なる3種類があり、用途に合わせて選ぶことも特徴的です。

ツゲインは、24週間で90%のAGAの治療をしている人が薄毛を改善したと発毛剤で、有効成分ミノキシジルを配合した壮年性脱毛症の外用薬です。頭皮に直接塗って発毛や育毛、抜け毛を防ぐ効果が期待できます。成分含量が2%、5%、10%の3種類があり、薄毛の症状に合わせて使うことができます。
ツゲインの特徴は、有効成分にミノキシジルが配合されている事で、日本では発毛剤として唯一認められている外用薬です。AGAの治療薬の成分には、男性ホルモンを抑制する働きで薄毛を改善するタイプもありますが、ミノキシジルは発毛そのものを促進させる薬です。

ツゲインは頭皮の血管拡張の作用があり、血管拡張によって血行促進し、毛根の細胞を活性化させる作用が期待できます。これにより促進して、髪の毛を太く育て寿命を延ばすことが可能です。主成分のミノキシジルは、髪の毛を形成する際に必要になるたんぱく質ケラチンが配合されているので、育毛効果も期待できます。
ロゲインはミノキシジルを主成分とした発毛剤ですが、ツゲ慰安はロゲインのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は先発薬と比べて安いという特徴があり、先発薬のロゲインと同じ発毛効果があるツゲインは、ジェネリックなので安く手に入れることが可能なところも、ミノキシジルを主成分とした外用薬の中でも人気がある点です。
ツゲインに配合されているミノキシジルは、AGA患者を対象にした臨床試験の増毛効果の検証で、5%を投与した結果、1cm四方あたり4週間後に1.4本、24週間後には21.8本の髪の毛の増加が確認でき、髪の毛が太くなった事も確認されています。臨床試験から髪の毛を増やし強くする増毛効果が認められています。

ミノキシジル5%は男性のAGAの治療に最適で発毛効果が期待できます。2%のタイプは、効果や刺激は控えめで、薄毛や抜け毛気になり始めた時や、初めて使う場合に適します。効き目が抑えてあるため、女性の薄毛の治療も使うことができます。
髪の毛の成長は個人差がありますが、ツゲインを使って4ヶ月程度で効果が実感できる人もいますが、一般的には少なくとも6ヶ月間は継続して使用することが大切です。
塗布のやり方も大切で、正しい塗布方法で使います。塗布方法は、薄毛が気になる部分の中心に塗布して、指で頭皮全体に馴染ませます。塗布するタイミングは、洗髪後に適量を塗布し、塗布してから薬液を十分に馴染ませることが必要なので、最低でも4時間は洗い流さないようにします。薬液を乾かす必要があるので、夜に塗布する際は、就寝の2~4時間前に行います。育毛剤の塗布方法で知られているのは、塗布してから頭皮のマッサージをする事ですが、ツゲインは薄毛の部分に塗布して軽く馴染ませるだけで十分なので頭皮マッサージの必要はありません。