ハゲたことを気にしすぎるのは症状の悪化に繋がる!

悩んでいる男性

毛が抜けて薄毛になり、進行してハゲると気になるものです。薄毛やハゲる原因は遺伝だけではなく、AGAや食生活やストレスなど考えられるため、ハゲた事を気にしすぎるのは薄毛などの症状を悪化させることも繋がります。薄毛や抜け毛を治療して改善する場合、育毛剤などを使って治療しますが、ハゲたことなどを気にしすぎないようにすることも薄毛が改善するには大切なことです。

ハゲや薄毛は第一印象でのイメージに左右する場合もあります。そのため薄毛やハゲている人は自分の見た目の印象に自信喪失し、精神的な負担を感じることも少なくなく、うつのような状態になる事も考えられます。ハゲたことで自信喪失し、それを気にしすぎるとストレスになり抜け毛の症状を悪化させる原因となります。

ストレスが抜け毛の原因となる理由は、頭皮の血行不良を招くことです。抜け毛を気にしすぎることでストレスとなり、ストレスが積もり積もることで自律神経が乱れ、うつのような状態となる場合もあり、心配事が多くなると優位になる交感神経とリラックスしている時に優位になる副交感神経の働きのバランスが悪くなります。ハゲていることが心の傷となり、抜けが増えるとさらに不安が増し、交感神経が活発になることで、血行不良やホルモンバランスの乱れ、睡眠障害などを引き起こすことにつながります。血行不良となると頭皮に栄養を運ぶことができなくなり、頭皮が栄養不足となって髪の毛の成長を阻害し、改善せずに放置していると髪の毛はやせ細っていきます。

ストレスが理由で抜け毛が多くなった場合には、一時的な脱毛と考えることが出来るので、気にしすぎてストレスになっているのであれば心の傷をケアする事で改善することが期待できます。
抜け毛を気にしすぎた心の傷をケアする方法のひとつは、薄毛や禿げの見た目を一瞬で改善できるウィッグを活用する事です。以前はかつらというと禿げを隠すというイメージがありましたが、今では、ウィッグとも言い、ファッションアイテムとして利用している人は多いです。ウィッグを利用することで見た目だけではなく、精神的な負担も軽減できます。

開き直ることも大切です。今までハゲを気にしていた人が開き直ることは難しい方法ですが、薄毛をウィッグで隠すことに抵抗を感じる場合には、禿げている事を周囲に話しをするなど開き直ることで精神的なストレスから解放されます。禿げている事を心の傷やコンプレックスにせず、個性だと受け止める事も必要です。
薄毛や抜け毛を市販の育毛剤などで治療を試みる場合がありますが、効果がある成分が配合されている育毛剤も販売されていますが、禿げがストレスになっているのであれば専門医院などのクリニックを受診して医師に相談するのも良い選択です。薄毛を専門にしているクリニックであれば、薄毛の治療をしながら、メンタルケアも同時に行う場合があります。ストレスやメンタルは薄毛や抜け毛に影響する場合が多いので、専門医の指導のもと治療ができるので安心して治療を進めることが出来ます。