育毛に必要な栄養素には何がある?

鏡を見ている男性

育毛には育毛剤を頭皮に塗布するなどの対策は広く知られている方法ですが、食事も髪の毛の成長には大切な事で、育毛に必要な栄養素を摂る事は薄毛対策になります。
髪の毛が細くなりボリュームが無くなったり、抜け毛が気になるなど髪の毛の悩みは、栄養不足も考えられます。食事を3食しっかり摂っていても、髪の毛の育毛に必要な栄養素が摂れているとは限りません。食事から摂る栄養は体だけではなく、髪の毛にも影響するため、育毛を考えるのであれば栄養素について見直すようにします。

育毛に必要な栄養は髪の毛の主成分となるたんぱく質です。たんぱく質は髪の毛の主成分であるケラチンを作ります。たんぱく質が多い食品には卵、肉類と魚介類、大豆製品や乳製品で、これらの食品には9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)が含まれた良質なたんぱく質なので、積極的に摂るようにします。

たんぱく質と一緒に摂りたいのは必須ミネラルのひとつである亜鉛です。亜鉛はたんぱく質の合成や骨の発達に必要な必須ミネラルなので、不足しないよう注意します。亜鉛は髪の毛の主成分となるケラチンを合成する機能があります。ケラチンは三大栄養素のなかでも不足しがちで、不足すると髪の毛が成長しにくくなります。亜鉛が含まれている食材は、牡蠣やレバー、魚介類や肉、チーズなどです。

亜鉛は髪の毛の成長には欠かせない栄養素ですが、亜鉛が含まれている食材を頻繁に食べることは難しい場合もあります。栄養は食事から摂る事が良いのですが、不足している分はサプリを活用するとよいです。また、亜鉛を効率的に吸収するためには、ビタミンB群のB2やB6、ビタミンCを一緒に摂るようにします。

ビタミンB群やビタミンCなどは吸収をサポートしますが、カルシウムや食物繊維、タンニンやカフェインなどと亜鉛が結びつくと体外へ排出されやすくなるため、髪の毛の成長を助けるのであれば吸収を阻害するような食物は控えるようにします。1日の亜鉛の推奨量は成人男子は10mgで、成人女性は8mgです。推奨量を目安に摂るよう心掛けます。

ビタミンも育毛に必要な栄養素です。ビタミンは髪の毛を育てる頭皮の環境を作る事ができ、ビタミンB2やB6には新陳代謝を活性化させる作用があるため、毛母細胞の細胞分裂を活発にすることが出来ます。新陳代謝だけではなく、頭皮の皮脂分泌量の調整をする作用もあり、抜け毛や頭皮の炎症を防ぐ作用も期待できます。B2が含まれる食材にはレバーや青魚、卵や大豆、乳製品やウナギなどで、B6は肉や鮭、マグロやナッツなどに含まれています。
髪の毛の成長には頭皮の血液循環を良くする必要があります。血管を拡張する働きがあるのはビタミンEで、Eは頭皮の血液循環を正常化させます。合わせてビタミンCを一緒に摂ることで発毛の働きを向上させる事ができます。Eが含まれているのは魚介類や胡麻、マヨネーズなどの植物油で、Cはレモンなどのフルーツに含まれます。